FC2ブログ

記事一覧

(大久保)イメクラ ロハG 現役学生 キツマン系 *シークレット

20091124151441e2f.jpgmain_201705230034357ae.jpg


(大久保)イメクラ ロハG 現役学生 キツマン系 *シークレット
*記事購入後の本文にお店名と源氏名を載せておきます。

20歳前後
現役学生
スレンダー
色白
即答系ロハG
この嬢の持つ雰囲気と 美形なお顔立ちに終始萎縮気味の対戦となった。


この記事から嬢の感触をつかんでいただき、後は皆様の個性、培った経験、野生の勘で 対戦していただければと存じます。この記事以上の結果になるか それ以下になるかは 嬢との相性もありますが、皆様次第でございます。ご健闘お祈り申します!

(パネマジ度):
黒髪に近い  アイドル系ではなく 女優系。
1枚目の写真の子の要素 8割 2枚目の写真の子の要素 2割
クレームすることは絶対ないでしょう。

(服装):
白上着 チェック ショートパンツ ショーパンから覗く色白の足に発情したが、
すぐに襲いかかれなかった。
落ち着いた雰囲気と 美形なお顔立ちに ちょっと萎縮気味となる私。

(コミュニケーション):
お若い現役学生さんだが、きゃぴきゃぴ感なし おっとり落ち着いた感じ。しっとり会話。
会話していて途中で 沈黙の時間になるとやさしく話しかけてくれる感じである。

こんにちは~
ああ あはっははは。  あっ そうなんですか・・・
うふふ

どうもはじめまして~~です。
私「はじめまして~」

~~で買ったんですか?
私「えっ 何でわかったの?」
うふふふ。 行った事あるんです。 うふふふ。

ありがとうございます。

ああ~はい・・・わかりました。 いえいえ ゆっくりでだいじょぶです。

私「何か女優さんにいそうですよね~」
いえいえ・・・ 
私「~~?」
~~に似てるってよく言われます。 あとAV女優にも似てる人がいるみたいで、時々言われます。

あっ そうなんだ。
・・・・・・・・沈黙・・・・・・・・・・・・・・

おいくつなんですか?
私「~~です」
えっ ほんとに?  へえ~~そうなんだ 全然見えない。
私「ありがとう。 もう1本飲んでいいよ!」
あははは。 

私「何か落ち着いてる感じですよね~」
よく言われるんですよね~  あんまりきゃぴきゃぴしてないから・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・沈黙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~~してるんですか?
私「~~~ですね」
へえ~~ そうなんだ~ へえ~~ めちゃくちゃ~~ですね~。

(体型):
スレンダー 色白  おっぱいはB~C(Bに近いかな?!) 普通に色白のきれいな体である。 美脚 160前後
程よい肉付き。

(締り)  
なかなかよい 収縮型 G越しでも8~9(10段階中5は普通) 俵締めの要素が強い三段締め 
特に入り口付近の締め付けはなかなかのものである。
最初 指でズボズボしようとしましたが、一瞬 入るかな?と思ってしまった程である。
キツマン系 クリ電気攻撃→昇天→ 強烈な締め付け発生。 
生でしたかったな。 今回は交渉することなく嬢の申し出に従いました。


(濡れ):
激濡れ濡れというわけではないので、最初のほぐし 丁寧な愛撫の時間が必要かと。 
潮吹きはありませんでした。

(鳴き): 
鳴きはおとなしめだが 敏感なようで、おっとりお逝きになられる。
愛撫時→ うっ・・・うっ・・・うっ・・・・ (クリ舐めも開始し、指ズボズボも行います) 私「処女? なんかやってた? すごい締まりですね。」  

(クリへの電気おもちゃ攻撃開始) 
うふふ・・・すぐ逝きそう・・ うっ ふあ~っ ・・うっ うっ あっ ああはっ・・・んっ  ああ~ ヤバイ・・・・あっ あっ・・・・あっ 
あっ あっ あっ ああっ・・・あっ・・あっ あっ・・・・うううっ・・・ゴイ・・・・ヤバイ・・・・・あっ あっ あはっ・・・あああ~~ん
いっ・・・・・っく・・・・・・あっ いくいく・・・うっ あっあっ・・・ううっ・・・ 
  
ハメハメ時は 後段にて

DK:
DKは微妙。フレンチ系でした。一瞬ちろっと舌が出てきた感じもありましたが・・・

その他:
パイパン→剃り跡多少ちくちく
満州梨
脚がピンと 固くなるときもしばしば。 ズボズボ開始してしばらくは 足の付け根付近固いかなと思ったが、
しばらくズボズボしてると やわらかくなり、足も屈曲してズボズボできた。
喫煙することはできる嬢ですが、タバコを持ち歩いておりませんで、私のタバコをあげて一緒に吸いながら会話しました。

(嬢登場~フィニッシュまで)
おっとりしっとりした美形嬢です。
口調もゆっくりめ。
ほのぼのしています。

私「何か飲みます?」
嬢「あっ ありがとうございます。 じゃあいただきます」
→ホテル備え付けの ぬるい無料の水に手をのばす嬢
私「いいよいいよ冷蔵庫から 冷たいのとってくださいよ~」
嬢「だいじょぶですよ」
私「いえいえどうぞどうぞ」
嬢「ありがとうございます じゃあ お茶もらいま~す」

しばらく会話して、お風呂に促します。
私「お風呂ためたんですけど・・・・でもお姉さん可愛いし、そのままペロンペロンいけますけど・・」
嬢「いえいえ はいりますよ」

各自脱衣後 シャワータイム。  
私がこの嬢のルックスに萎縮していたのもあり、
私「自分で洗いますから、どうぞどうぞ湯船に入っててください!!」

嬢「はっ ありがとございます」
私「ちゃんとTNK洗って 手も洗って うがいもしますから・・・見ててくださいね」
嬢「は はい・・・ うふふ」

ほのぼのと会話をし続け、シャワータイムも終わり、ベッドへ移動。

嬢に横になってもらい、責め始めます。
おとなしめの鳴きです。 会話の口調と同様 おっとりしっとりな感じです。逝くときもおっとり「いくいく」と口走り、可愛くお逝きになられます。 しばらくそんな攻めを続けて・・・・・・
あっ・・・イック・・・・アッ・・・・イクイク・・・・・ひゃあんっ・・・・
私「すりすりしちゃいます」

あっ あっ・・ううっ・・ううっ・・・あっ あっ あっ・・・・あっ あっ・・・・
スリスリしながら 膣口にひっかかったところで、私「今入れようとした!」と言ってみます

嬢「あっ~~だめえ~ いれるなら・・・Gしてえ~」おっとり静かな口調で笑顔で言ってきます。
私→素直に応じます。
普通に会話しながらG着。
そしてズブズブIN。

膣口が狭いので、ゆっくりズブズブしていきます。私「だいじょぶ?」
あっ あっ・・・あっ・・・(クリ電気攻撃を開始します。) 弱めで・・ 
あっ あっ うっ うっ・・・あっ あっ・・・・ああっ あっ あっ・・・・・・・・・
時折 嬢がハメラれながら 腕をつかんできます。
ハメハメも後半になっていくと、鳴きも高音になっていきます。
うふっ ううっ・・・あああっ あはっ はっ あうっ・・・あうっ・・・はっはっはっ・・・・はあっ・・はっ・・・はっ・・・ああっ

電気攻撃は強めで長時間は苦手のようですので、途中 弱めにしたり、使用をやめたりしながら、ハメハメ行いました。

最後は屈曲位で激しく突きまくって・・・G着にしては短時間でG内放出してしまいました。
G越しでもその締め付け力を感じることができました。

生でINしたかったな~。

ロハGでした。

この嬢のポイントとしては・・・
・スリスリしながらの佳境時、生INを試みますが、だめえ~  Oれるなら、Gしてえ~と明確に即答いただきました。 この嬢のルックスの良さにちょっと萎縮していたのもあり、それ以上交渉することなく、G着してのハメハメとなった。 ロハG。
・まだ若い学生さんであるが、学生さんにありがちなきゃぴきゃぴ感はなく、おっとりしっとりした感じで、癒される時間であった。しゃべり口調も しっとり静かな感じである。
・締まりに関しては、G越しでの判断であり、生でハメハメしたらかなり気持ちいいMNKではないかと感じた。 生のハードルは非常に高い空気感であった。 この嬢に関して、TIPで生になるなら全然OKなのだが・・・・

*私自身が体験して感じたことを書いているにすぎませんので、嬢の気分、客との相性により変わりうるものであることをご了承ください。皆さまの風俗遊びの参考になれば幸いです。 




続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

プロフィール

namafan

Author:namafan
原則生希望のおっさんです。求めるのは一つ。
フェラがどうこうとか シャワーがとか 洗い方とかはあんまり書きません。
主に体験に基づく感想文を書いています。
内容についてのご判断は 購読者様に一任いたします。

記事の感じは 本ブログ中のシークレット記事をご覧ください(長文の傾向があります(簡易版以外))

対戦において心がけてること:

清潔感。お肌つるつる感を出すための香り付きボディミルク塗りこみ。心を解きほぐして股を開いてもらうためのコミュニケーション。 嬢がエロエロになるよう頑張ること。 焦らない。
差し入れはしたことないので、以上を心がけて対戦しています。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす…」

100億年前の光を夜空の遠くに見ながら・・・今を生きる そして ささやかだけど 今を楽しみましょ。 

風俗遊びなんてできる今この日本という一瞬の平和なひとときに感謝して・・

そしてこんな寂しいおっさんを相手してくれる女の子たちに心の底から感謝しつつ・・・