FC2ブログ

記事一覧

(まとめ)いい締りを持つ嬢たち(~H.30.2.6追加分まで) 現在100人以上 

*戦士にとって良い情報かと思い公開してまいりましたが、諸事情で公開するのはよろしくないと判断し 公開やめました。

購読してる方からのご要望があり、「締り」という観点だけから見たおそらく日本男児ならば満足できるであろう いい締りを持つ嬢たちを過去記事よりチョイスしてみました。
(あくまで個人の意見ですので 各々サイズとか形状が異なると思うので、あくまで参考に)
*今後もアップデートしていきます!

titu.jpg

*比較という観点から退店嬢も含んでます。

 *個人的に締りの評価の高い順に特A→ A→B→ Cとしてみました。 特に素晴らしい人は(殿堂入り)とさせていただきました。(個人的な意見です) さらにとんでもない締まりの嬢には「神の領域」という称号を付させていただきました。 

「お店名 源氏名  A (コメントありの嬢もいます)」 ←クリックすれば記事に飛ぶようになっています。 気になりましたら読んでみてください。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

プロフィール

namafan

Author:namafan
原則生サービス希望のおっさんです。求めるのは一つ。
フェラがどうこうとか シャワーがとか 洗い方とかはあんまり書きません。
主に体験に基づく感想(妄想?!)文を書いています。
内容についてのご判断は 購読者様に一任いたします。

記事の感じは 本ブログ中のシークレット記事をご覧ください(長文の傾向があります(簡易版以外))

対戦において心がけてること:

清潔感。お肌つるつる感を出すための香り付きボディミルク塗りこみ。心を解きほぐして股を開いてもらうためのコミュニケーション。 嬢がエロエロになるよう頑張ること。 焦らない。
差し入れはしたことないので、以上を心がけて対戦しています。

ヘルス店は本番禁止です。大阪の有名な飛田新地は日本有数の遊郭街と噂されておりますが、現地には料理店と銘打ったお店しかありません。料理店なのでもちろん本番禁止です。新地にある交番のおまわりさんもここには料理店しかありませんと言ってました。ただし個室内での出来事は女性と客との自由恋愛ということになっております。

もちろんお分かりになってると思いますが、ヘルス店ではきちんとヘルスプレイを楽しんでいただき、ヘルスプレイ以外の出来事については、お相手の女性との関係性(自由恋愛的な関係性)から 生まれていくものだと思います。すべては女の子と短時間の中でどのような関係性(個人と個人との関係性)を築けるか・・・ということになるでしょう。お相手も1人の人間ですので、どのような時間になるのかは その関係性次第ということになります。

本ブログではその女の子と過ごすお時間がどんなものだったのかということを個人的な感想(妄想)交えて書いていることをご了承ください。


その時間をすばらしい時間にするために(笑顔をもたらす)(清潔感)という要素は欠かせないと思います。
 
自分の個性を生かして 個性がないと思ってる人はその個性のなさを笑いに変えて、女の子に笑顔をもたらすこと。口がうまい人は口を使い、口下手な人はその個性をいかに笑いに変えるか・・・・ どのような作戦でも構わないからとにかく 女の子が笑顔するように仕向けること!! 
とにかく 「笑い、笑顔、リラックス 安心感等」が女の子の心のハードルを低くさせる(=鍵のかかった股を開かせる)一番の鍵であることは間違いない。

いくら女の子に笑顔をもたらせても 清潔感で嫌がられちゃったらもったいない。 せっかく高い金を払うんだから、自分でできることは しっかりやっておきましょう!
いくら清潔にしてても相手に伝わらなかったら意味がない。ちゃんと清潔感が相手に伝わるよう、ドアを開けた瞬間に伝わるよう、しっかり香りを身にまとい出迎えましょう。(ボディソープやボディローション)「時は金なり」です。時間は限られているので、節約しましょう。女の子を出迎える前にやれることはやっておきましょう!
  1分1秒毎に費用が発生していますので、決して無駄にしないように、ドアを開けた瞬間から、「笑顔」+「清潔感」作戦を遂行すべきである。


「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす…」
100億年前の光を夜空の遠くに見ながら・・・今を生きる そして ささやかだけど 今を楽しみましょ。 

風俗遊びなんてできる今この日本という一瞬の平和なひとときに感謝して・・

そしてこんな寂しいおっさんを相手してくれる女の子たちに心の底から感謝しつつ・・・ 一期一会  ありがとうございます。